データベースについて

本データベースの設置の背景

2007年1月に開催された第2回東アジアサミットにおいて、「エネルギー安全保障に関するするセブ宣言」が調印され、日本政府は「エネルギー協力に関するイニシアティブ」を発表しました。
その一環として東アジアにおけるバイオマスエネルギーおよび再生可能エネルギーの導入促進を支援するために、本データベースを設置したものです。
データベースの内容は東アジア地域のバイオマス並びに再生可能エネルギーに関係する研究機関、企業、その他の情報であり、東アジア各国からの共同研究、人材研修、施設調査見学等の要請に応えるための検討に使用するものです。

データの根拠

このデータベースは、平成21年12月~平成27年3月にバイオマス並びに再生可能エネルギー関連研究機関、企業等に実施したアンケートの情報と、平成20年度版「バイオマス研究機関等データベース」の情報を元に、データベース化しております。
情報の更新、内容に関するご指摘等がございましたらご連絡ください。

検索・閲覧できる内容

このデータベースは、バイオマス並びに再生可能エネルギー関連団体の再生可能エネルギーに関する、研究、工業化、製品等に関する情報について検索できます。検索項目としては、

  1. 研究機関、企業名
  2. 所管する再生可能エネルギー分類(バイオマス、太陽光、風力、中小水力、地熱、 その他の再生可能エネルギー)
  3. バイオマスについては小分類(木質燃料、バイオガス、バイオエタノール、バイオ ディーゼル、炭化、その他)まで可能
  4. 連絡先:住所、電話、ファックス、担当者名、メールアドレス等
  5. 団体区分(研究機関、地方自治体、民間企業、大学、その他)
  6. 受入内容(共同研究、研修、訪問、見学、講師派遣、その他)
  7. その他

    当該機関/企業の研究内容や技術のアピールポイント、強みの他、工業化のために機関/企業が他に提供できる「シーズ」、工業化のために必要としている「ニーズ」も検索可能です。
    バイオマス関係については、何を原料としているかという「バイオマス原料」およびバイオマス燃料として製造している「最終生成物」について検索できます。

「東アジア地域の再生可能エネルギー関係研究機関・企業等データベース」は東アジア地域内のバイオマスエネルギーをはじめとする再生可能エネルギーに関する研究を実施している研究機関・企業等の情報を提供しております。

更新履歴 2017年3月15日、データを更新し新規機関も追加しました。

お問合せ

データベースに掲載する情報を募集しています

アジアバイオマスオフィス

東アジアバイオ燃料データベース